万一に備えたペット保険【大切な家族を守る】

ペットと人間の健康のため

ドッグ

判断できないことがある

ペットと健康的な暮らしをするうえで欠かせないのが、駆虫です。犬や猫はノミダニが付くことがあります。ノミダニが付くことで、ペットの皮膚炎が起きたり、寄生虫などの被害が出るのです。家の中でノミダニが増えると、人間の健康にも影響が出ます。そういった被害を予防するためにノミダニの駆虫が必要なのです。ノミダニの被害を予防するには、ペットの皮膚に付かないようにすることです。犬の散歩は、草むらに近づかないことや、服を着せることでノミやダニが付くことを予防できます。猫は、完全室内飼いにすることが一番です。そして、ペットが生活するスペースを清潔にしておきます。市販のノミ取り首輪を使用する方法もあります。自分でできる予防法もありますが、ペットにノミダニが付いても、本当にそれがノミやダニなのか判断できないこともあります。ノミは素早く動くので確認できないこともあるのです。ペットが体をかゆそうにしていたり、皮膚がいつもと違うと感じたときは、動物病院で専門家に診てもらうのが良いでしょう。動物病院では、ノミやダニがいると確認された時や予防のために駆虫薬を使用します。駆虫薬の種類は様々で、飲み薬やおやつタイプ、皮膚に滴下するタイプがあります。効果が1か月続くのが特徴です。よく使用されるのは皮膚に滴下するタイプです。病院では犬猫別、体重別で処方されるので安心して使用できます。ノミダニの駆虫は、ペットと人間にとって大事なことです。病院で予防法を相談し、ペットに合わせた方法で行うのが安全です。